Home > 一羊舎 > コンセプト







木を使うこと

 秋田の温暖多湿な気候のもとで成長してきた樹木には、気候と同じような「おおらかさ」を感じます。家具に適した木は限られていますが、楢、栗、栓、欅、栃、山桜、胡桃、タモ、梨、槐、桐など秋田で育った木を主に使用し、家屋解体時の古材や流木なども、その特徴を生かして利用しています。


デザイン

 
長い間生き続けてきた木の表情を自然が作り出したデザインと捉え、それを生かすことを心がけています。


塗装〜オイルフィニッシュ〜

 
多くの家具は作られた時が最良の状態で、時とともにみすぼらしくなって行きます。これは素材(合板やプラスティック)とともに着色や仕上げの方法に問題があるためと思われます。表面を樹脂塗装したものはどのように手入れをしても最初の状態よりよくすることはできません。そのような点から仕上げにはオイルを用いております。オイル・フィニッシュは、表面に塗膜を作らないため木の質感を損なわず、手入れをすることによって自然の光沢を得ることが出来ます。また、年を経て使い続けるほどに風合いに深みを増すようになります。


環境保護

 太陽光発電による電力を電動工具の動力として活用しています。また木材加工の際に出るおが屑などは堆肥として利用しています。




Copyright 2004 ICHIYOSHA All Rights Reserved.